バラエティ番組で緊急地震速報と似た効果音を使っていて何度も驚いたことがあります

東日本大震災があってから暫くの間は、毎日、余震がないかどうかが気になってドキドキしながら暮らしていました。震度4以上の揺れがくると、やはり「これ以上、大きくなったらどうしよう?」と思いつつ、慌てて机の下にもぐったりしていました。また、エレベーターやエスカレーターを利用せず、出来るだけ階段を使ったりするほど、神経質になっていました。

そんな頃、テレビでバラエティ番組を観ていて毎回、ハラハラさせられたことがありました。それは、某バラエティ番組で視聴者にモニタに注目して欲しい時の効果音として、緊急地震速報が鳴り出す時の音にすごく似ている音を使用していたからです。

当時は、テレビを観ている最中に緊急地震速報が鳴り出すことがよくありました。そのため、その効果音が鳴るたびにドキッとして身構えてしまうということが何度もあったのです。

1時間程度の番組の中で何度も何度もその効果音が出てきたので、そのたびに驚いていましたが、暫くするとその番組では、その効果音を使わなくなりました。それからは安心して番組を楽しめるようになりました。